不動産の「買い時」はいつなのか

マンションや一戸建ては、一生に一度の大きな買い物であるため、購入には慎重さが必要になります。
そして不動産は、単に安ければ良いというものではなく、物件の品質や購入のタイミングも重要になってくるという難しさがあり、特に購入のタイミングを見極めるのが難しいとされています。
現在は、昔のように不動産を購入すれば必ず値上がりするという状況ではないため、より慎重な判断が求められると言えるでしょう。
タイミングを決める要因としては、自分自身の内的な要因と、景気などの外的な要因の2つがあると言えます。
まず内的な要因に関しては、子どもを何人作るかということによって物件の大きさが決まりますし、職場や子どもの通う学校によって場所が決まるため、それらの条件をしっかりと決められる時期というのが、すなわち買い時になると言えます。
そして外的な要因に関しては、景気が良い時期よりも不況のほうが物件価格も安く、住宅ローンの条件も良くなるため買い時だと言えるでしょう。